ヒャクパ ピンク色で

小瀧担の自由帳。思ったこと、もろもろの感想なんかをまったりと。

バンザ〜イ!望に会えてよかった!

2017.07.17
小瀧望くん、入所9周年おめでとうございます。

ジャニーズ事務所に入ってくれてありがとう!
アイドル続けてくれて本当にありがとう!!


言いたいことはこの二つに尽きる。つらつらと思うことを書き起こしても結局こうまとまってしまう。

あなたに出会えて本当に良かったです!
小瀧くんのファンになって、私の人生はすご〜〜〜く明るく楽しくなりました。小瀧担を名乗る(?)のがすごくしっくりくるというか、好きにならない理由が無い!ってくらいに全てがツボなんです。びっくりするくらいにツボ。
そんな存在と出会えたことに感謝感謝です。

この先も小瀧くんがキラキラと輝く素敵な世界を見られると思うとめちゃくちゃ幸せだな、私は。
まさに死ぬまでハッピー♡


誕生日と同じ月だしつい忘れがちになるけど、やっぱり入所日も大事にしておきたいなあ。
事務所入所日って第二の誕生日だと思ってます。アイドルとしての彼が生まれた日ってことで。


記念日、というか特別な日が増えてくのってアイドルファンあるあるかな?


私にとっての7月17日もついこの間まで何でもなかった日なのに、今年なんて数日前からちょっとずつソワソワしてる自分がいたりする(照)



あと二週間もしないうちに正真正銘のお誕生日。
ヘヘーッ!30日も祝っちゃうもんねーー!


f:id:periwinkle201:20170713191003j:plain
▲最近のベストオブ小瀧くん。0630少クラ生放送より

ジャニヲタバトンをやってみた

検定試験目前のくせに引くほど勉強に身が入らないのでバトンをお借りしました。

勉強しなよ⋯⋯マジで(笑)

 

 

【名前】さちお

【今の担当は?(複数可)(推しでもどうぞ!)】
名前:ジャニーズWEST 小瀧望くん♡
好きなところ:箇条書きで!↓

 

・頭の回転が早くて喋りが超面白い!あとすぐさま的確なことを言えるところ

・心優しくて情に厚い、礼儀正しいところ

・メンバーや周りの人を大事にしているところ

・ご家族と仲良しなところ

・字が丁寧でとっても綺麗なところ

・男前すぎるお顔、恵まれたスタイル

 

《推してる》村上信五さん🍆クロニクル見てからエイトが気になって気づいたらヒナちゃんが可愛くて可愛くて仕方ない病に⋯

8ESTのうちわがなぜまだ国宝指定されてないのか不思議でたまらない。

見た目も大好きだけど、まるで武士かのごとく芯の通った中身が本当にかっこいい。そういや自宅にオーダーメイドの甲冑あるよね。

 

《推してる》中島裕翔くん🐰 私が初めてうちわを買ったジャニーズ。ただそこにいるだけで美しい人。王子様のような見た目でブッ飛んでるってギャップが好きだ〜!キラキラ光れのメイキングはぜひオススメしたい逸品


担当になったきっかけ:JUMP目当てで見てたリトルトーキョーライフに隔週で出演していたWESTに興味持ったのが始まり。

完全に小瀧くんに落ちたのは少クラの日本昔話のシンデレラ回で、井上陽水さんのモノマネをしたのを見てから。

この人めちゃくちゃイケメンなのにこんなこともできるんだ?!!?って衝撃受けた。何を隠そう陽水出の小瀧担である。

 

【いつからジャニヲタ?(きっかけも是非)】2015年の夏〜秋頃から。友だちがカラオケで歌ってたウィークエンダーを聴いてJUMPが気になりジャニオタデビュー

 

【担当遍歴】中島裕翔→小瀧望

 

【好きなシンメorコンビ(への思いも是非)】

やっぱりツインタワーは外せないかな。

二人並んだ時の無双感すごすぎませんか?もし小瀧くんがジャニーズやってなくてもどこかで流星くんとは出会う運命だったんじゃないかと思わせるくらいにミラクルなコンビだと思う。「望みを叶えるには流れ星が必要」のセリフは正しくミラクルがなせる技。

ベッタリしたビジネス仲良しじゃなく、男の友情!って感じのさっぱりした関係がso good👍🏻

(*'・ェ・`)<ダチンコだからな!

 

伝聞になってしまうけど、Jr時代に流星くんが自分の食べてた牛タン弁当の牛タンを2枚小瀧くんにあげたって話がかなり好きです。"2枚"だよ?!何枚中のかは分からないけど流星くんの優しさが垣間見える素敵なエピソードだと思う。

 

WESTは他に はまこた/しげじゅん、

エイトはヨコヒナ夫婦/松原./ヒナりょ辺りが好き。

 

【1番心に残ってる現場】JUMP単独カウコンと24コンが同率タイ

【初めて行った現場】JUMP単独カウコン!

【最近行った現場】ジャニ系の直近は if or …Ⅸ

【次行く現場】関ジャニ'sエイターテインメント ジャム 名古屋公演

【記憶に残ってるファンサ】

〜割愛〜

【好きな曲TOP3(理由もあればどうぞ!)】

ウワーーーむずい!強いて挙げるならってことで⋯

 

WEST→パリマニ/シルエット/カラマジ

エイト→イツマイ/ロリコス/NOROSHI

JUMP→ユアシ/ウィーケン/JUMPing CAR

略称ばっか(笑)もはやなんのこっちゃだな〜

 

【好きな振り付けTOP3(好きポイントも…!)】パリマニ/トキラブ/UMP

【自分がJrになれたらバックにつきたい曲(複数可)】勇気100%は踊ってみたい!

【1番好きなペンライト】カラーチェンジ機能付きという点で雪だるま

【1番好きな衣装】24コンのチョエクで着てた黒いギラギラのやつ。

【よく買う雑誌】ドル誌はポポロかWiNK UP。あと、小瀧くんがモデルをつとめるFINEBOYS。どっちも内容見てよければ買う

【この映像は見て欲しい!というオススメ】

めっちゃコアになるけど、一発めぇのゲームコーナの後に割れた巨大風船のゴミをひとり黙々と片付ける小瀧くん。いつ見ても彼のことを一層好きになる

【ジャニヲタになる前の趣味は?】二次オタ。もっと前は歌い手厨

【最近気になっている子】岸優太くん!大西流星くん!毛利柊和くん!

【最後に一言!】上の方〜〜ッッ!

 

ポポロ7月号のグラビアが超イイ件

タイトルまんま!!!

ポポロ7月号のジャニーズWESTさんが最高に最強にドストライクです。

今月号は"Let's PartyTime!!"のタイトルのもとネオン輝くクラブ的なシチュエーションにやんちゃな表情の7人、といったグラビア。

 

特に31ページ右の「ウインクをしつつサングラスを外す小瀧くん」が無理。かっこよすぎて無理。破壊力がえげつない。無理、無理。

 

 

もともとWESTに対して「the リア充集団」「パリピ」「今どきのイケイケ兄ちゃん」みたいなイメージを持ってるのもあって魅力が大爆発してると思う。伊達にWE'RE PARTY MANIACS…って自己紹介してないね。

 

私は日々の生活の中でこのテのパーリーピーポー達と接する機会がないもので、ビジュアルだけでかなりファンタジーを感じられました。ドル誌で久々にガツンと来たカットだなあ

 

 

 

あまりにもテイストが好きすぎて普段ほぼ書くことのない読者アンケートに感想書いちゃった。

ポポロ編集部さんへ、この度は夢のような写真をありがとうございます。またパリピなジャニーズWESTを宜しくお願いします🙏

 

 

 

 

追記

こんな連載やってたことすら知らなかったけど、"7色のシルエット"がちょうど小瀧くんの番だった。今月号のポポロいい買い物すぎるぞ!セクシーサンキュー!

祝!24コン映像化!/やっぱりあったぞコンプレックス

映画の感想書くわ!とか言っといて早2ヶ月以上だよ。結局書かなかった(笑)まあいいんだ、書きたい時に書きたいことを書きます⋯

 

24コンのブルーレイとDVDが発売されたぞ〜!イエーイ!!!思う存分懐古〜〜〜!

 

忘れもしない去年のクリスマス。私は公演が決定してから即座にバイトの休みを取り、振込用紙をマッハで記入し、幸運なことにチケットを手に入れるできた。

この頃24コン・なうぇすと・JUMP年末年始コンと見事に振込祭りだったんだよね。それプラスエイタメ東京も行ったからまあ懐が⋯極寒だった⋯⋯。よくお金続いたな

 

そんな(?)思い出思い入れいっぱいの公演を円盤として残しておけるのは嬉しい。

大好きな人たちが目標にしてきた単独ドーム公演。それも初めての単独ドーム公演。当たり前だけど「初めて」はもうこの先ない一生ない、24コン行けてほんと良かった。

会場全体が幸せな空気で包まれてた!幸せな空気って見えるんだって思ったよ。

あんな素敵な空間はなかなか味わえない。

 

ただ、ツイッターにも書いた「自分はデビュー前からのファンじゃない、彼らとの思い出が少ない」っていうくだらないコンプレックスはコンサート当日も、映像化して改めて観た先日も抱えてることに変わりなかったな〜ちょっと悲しかった。

 

「感謝届けます」がどうしても昔から見てきてくれた人達に対して向けられている気がしてならなかったんだよね。

楽しいコンサートだったけど感動したりはあまりなかったというか⋯⋯うーん、言葉が見つからない。

いや、24コンがWESTの今までの努力とこれからの期待が込められた賜物であることに変わりないのは分かるんだ。でも感動に至るまでの気持ちの積み重ねが私にはなかった。

もともとドキュメンタリーとか見てもあまり心が揺れ動かないタイプだからだろうか?

 

本人達が、どんな人に対しても(WESTを知らなくてただ連れてこられただけの人も含まれてるのはヤバい笑う)感謝を伝えられる内容だって言ってるんだから完全に私の思い込みなんだけど、どうも悲観的に捉えてしまう悪い癖。

 

過去を共にしていないことが悔しくて寂しい。

 

古参ぶりたいとかそういう気持ちは全くないし、現在進行形で応援してるしお金かけてることは確かだから堂々と今のまま好きでいて良いのは分かってる。

好きで好きでたまらないのに、気持ちだけ先走って、それを裏付けるだけの時間を私は持ち合わせてない。

ん??好きの気持ちは時間という証明がないといけないんだっけ???何もかも分からなくなってきた。(アホ)

 

あくまで自分は新参者のファンで、過去の色んな思い出を共有できてないことが引っかかってしょうがないんだ。オタクはめんどくさい生き物だ。

 

⋯⋯でもこの文章書きつついろいろ考えるうちにほんの少しは気持ちの整理ができてきたような気もしている。

自分の知らない時代は確かに存在するけど、その時代があったから自分が好きになれたジャニーズWESTがあるんだもの。だから知らないからと言って勝手に嫌ってはいけないね。

 

Jr時代の曲メドレー、当日は「珍しい歌歌ってるな」くらいにしか思わなかった。ってか思えなかった。Dial up?10JUMPで関ジュが歌ってたあれね〜みたいな。でもそれでいいんだろうと思う。だって思い出ないんだもん、当時知らんもん。

 

 とは言えこのコンプレックスはしばらく私の中に住みつきそうです。時間が解決してくれるまで、気持ちの整理がちゃんとつくまで付き合って行くしかないね。

 

 

 

 

相変わらず纏まらなすぎて笑うしかないんだけど、つまりは24コン楽しかったです。

初日のええじゃないかで幕開いた瞬間の7人の表情は今でも鮮明に覚えてる。興奮と喜びと少し圧倒されたような顔が混じった表情。

 

24コンブルーレイ&DVD 発売おめでとうございます。落ち着いたらドキュメンタリー含めちゃんと見よっと。

 これからも新規ファンながらジャニーズWESTを、そして小瀧望くんを応援しようと思います。なぜかって?好きだからさ!!

いつかこのしょうもねぇコンプレックスから解放される日を願って。

「担降りブログ」ってほどではないけれど

私のジャニオタ人生の始まりはHey! Say! JUMPで、一昨年の秋頃に突然ドハマりしてからずっと応援してることに変わりはない。でも「いま一番アツいアイドルは?」って聞かれたらジャニーズWEST・小瀧くんって即答する自信がある。

 

JUMP担の私とWEST担の私。

二種類の自分が同時にいたことは確か。

 

両グループ同じだけの熱量で応援しているつもりでいたけどいつの間にか順位が出来てしまっていて、しかも後から好きになったWESTの方が上にいるみたい。

気持ちを切り替えるタイミングを逃したままズルズルと半ば意地で掛け持ちしてた、というかいまもしてる。

最近それが本当にひどい。先日発売されたJUMPのカレンダーも正直購入をギリギリまで躊躇ってしまったけど、JUMP担の人格がジャニオタ開祖の意地で持ちこたえた。なので、我が家には二種類のジャニーズカレンダーを迎えることになった。

でもやっぱり去年みたいに体の底から湧き上がるものは感じられなくてちょっと悲しかった。

 

こんな変な意地で応援するなんて私のドルオタ美学に反するし、何よりHey! Say! JUMPに対して、JUMP担に対して申し訳なさでしにそうなので、今回応援するにあたっての自分ルールをハッキリしようと思う。

・ 基本的にはWESTのファンでいる

・でもJUMPのことも好きなので、本当に欲しいと思ったものだけ購入する

・コンサートはコンサートというもの自体が私は大好きなので普通に行く。ファンクラブも継続する

 

 

「担降り」まではいかなくとも文章にして気持ちを整理しようと思ってつらつら書いてみた。長文かけるブログの利点を活かしたぜ。せっかく作ったしね。

私がこのことでくよくよしてもしなくても世界は1ミリたりとも変わらない訳で、一アイドルファンのほんとに微かな気持ちの問題。それでも当人にとってこの手の決断とはハンパなく勇気の必要な一歩なのだ、と今回学んだ。

むだい

超思いつきでブログはじめました。

きのう、映画「関西ジャニーズJr.の京都太秦行進曲!」を観たのでその感想とか近いうち書ければいいなあ。

 

ブログタイトルは♪レインボーピンク/道重さゆみ久住小春 から。

せっかくだし小瀧くんに関連するタイトルがいいな〜ハロプロ曲でなんかないかな〜なんて思ってたらピッタリのやつあったわ。ベタに歌詞だけどあんまり被らなそうだしイイね!👍🏻

 

これからまったりKAKUZO〜